暮らしを豊かに

【日本オワコン】いくつになっても勉強あるのみ。貧富の差はこの先もっと顕著になる。

どうも!!

人生38年間の大半を勉強もせずダラダラ過ごしてきたことを今になってクソほど後悔している、ときりのです。

ときりの

最近になって色々な本を読み漁り、今まで常識だと思っていたことが間違っていることや、社会が誰かの既得権益で回っていることを知ってしまいなかなか絶望しています。

 

・一日三食しっかり食べろ
・投資=ギャンブル
・いい大学からの大手就職
・新車、新築を買ってこそ一人前
・日本は先進国なのに物価が安くてサイコー

 

わたしたちがこどもの頃から、これらは全て「常識」として大人たちに刷り込まれてきました。

「朝ごはんしっかり食べないと体もたないよ!」と言われて育ったし、投資のことなんか誰も教えてくれない。

「新築や新車はかなりの広告費が乗ってて適正な価格じゃないし、売るときのことも考えないとダメだよ」って教えてくれる人は少なくともわたしのまわりにはいませんでした。

でもこんなことはもうとっくの昔から知っている人は知っている真実だったんですよね。

今になってそれらに気づいたことや勉強をしてこなかったことを悔やんでもしょうがない。

ここはいっそのこと、「この歳で知れてよかった」とプラスに捉えてこれから勉強していけばいいんです(自分に言い聞かせてます)。

本当に今の仕事を定年まで続けるの?

勉強する中で「会社員」という今の現状にも疑問がわいてきました。

そもそも会社がずっと存続し続けるかなんてわからないしずっと雇ってくれるかなんていう保証はどこにもない。

あの世界のTOYOTAが「終身雇用は難しい」とハッキリ言ったくらいですから。

思えば30歳くらいから「あれ、オレこのままずっとこの生活していくの?」とか「今まで出世を拒んできたけど、この歳で平社員とかやばくない?」、「何か変えないと…。」といった漠然とした想いや焦りが心の奥の方でずっとモヤモヤしていました。

あなたもないですか?こういうのって。

だいじな自分の人生についてモヤモヤしているのに、心の奥では焦っているクセになにも動き出さず何年もボケ~っと過ごすなんてこと。

しかしようやく「このままではイカン!!」と、わたし自身この歳になってやっと行動に移すことを決意しこのブログをはじめたのです。

変化のための行動なら他にも色々あるけど、なぜブログなのかというのも理由があって。

それは「勉強」したかったからです。

勉強しないと豊かにはなれないことを勉強することで気づかされました。

「勉強(インプット)し、発信(アウトプット)する。」

これにはブログが最適だと思ったんです。

勉強して知識やスキルを身に着けてしまえば、それが巡り巡ってお金に換えられることや、周りのいろんなものから搾取されずにすむことにつながります。

攻めにもなるし、防御にもなる。

偉そうに感じるかもしれませんが、これは別にわたしがマウント取りたいわけでもありませんし上からものを言いたいわけでもありません。

わたしだって今まさに勉強しはじめたところなんですから。

伝えたいことは、勉強の重要性に気付いたもの同士これから一緒に勉強していこう!!ってことです。

じゃないといつまでたっても豊かになれないよと。

勉強しない日本人

日本の社会人の1日平均勉強時間は何分かおわかりですか?

なんと「6分」ですよ!!

…。

…やばくね?

こんなグラフもあります。

先進国の中でも全然勉強しないんですよ日本人。

そりゃ景気よくなりませんわ。

物価もあがりませんわ。

でも逆に、1日1時間、いや、30分でもいいです。

毎日30分勉強するだけでまわりの人たちと差が開くということでもあるんです。

それが1か月、半年、1年と時間が経つにつれてその差は目も当てられないほどの差になるんです。

これはもう勉強するしかないんですよ。

人生は常に下りのエスカレーターだと思ってください。

何もしなければどんどんどんどん落ちていきますし、同じことをずっとやっていても落ちることはありませんが上にあがることもなく現状維持。

常に学び、新しいことに挑戦し続けなければ豊かにはなれません。

しかし、ただ「勉強」といっても具体的になにすればいいの?と思いますよね。

オススメの勉強法

人によって向き不向きがありますが、唯一、全人類にオススメできる勉強法があります。

それは「読書」です。

耳ふさぎたくなりました?

この記事を閉じようかと思いました?(笑)

どーぞどーぞ。

ここで離脱する人はまだそんなに焦っていないでしょうから、今までどおりスマホでゲームしながら屁ぇこいてクソして寝ていればいいんです。

もちろん、こないだまでわたしも読書なんてゼッタイいやでしたし、それこそ屁ぇこいてクソして寝腐っていました。

でも、実際この記事のここまで読んでいるということはアナタはもう気付いているはずです。

「勉強しなきゃ」って。

で、その事実に気づいたんならほぼ勝ち確定です。

あとは行動にうつすだけ。

とりあえず本屋いってみて「あ、これなんかおもしろそう」と思ったらパラパラっとめくってみて読めそうな本を買う。

ジャンルなんてなんでもいいんです。

はじめは文字があまり詰まっていなく、余白も多くページ数も少ない本にした方がいいですね。

この本なんかオススメです。

勉強になるのはもちろん実践しやすく健康志向にもなるし、何よりかなり余白多めなので初心者でもすぐに読破できるはずです。

気になる本が見つかったらできるだけ早く読み始めてください。

なんなら帰りの電車とかで。

時間が経てば経つほど読む意欲がなくなってしまい、まちがいなく「積ん読(つんどく)」になってしまいます。

もしその本が自分に合っていて、すこし読書に慣れたのならまた新しい本を買いましょ。

こんな本もありますよ。

「まんがでわかる」シリーズは、ベストセラーになった書籍をかなりわかりやすく読みやすくしてくれているので、読書初心者には持って来いです。

本は重たくてかさばるのがイヤな人へ

読書はそこまでイヤではないけど、持ち運びが重たいし部屋に置いておいても狭くなるしホコリかぶったりするからという理由で読書をあきらめている方はもったいない!!

今は「電子書籍」があります。

これはkindle unlimited(キンドルアンリミテッド)というAmazonのサービスで、スマホやタブレットに本のデータをダウンロードして読める代物。

初月は無料で体験できますよ。

場所もとりませんしいつも通りの荷物量ですから持ち運びの重さもありません。

そもそも活字が苦手な人へ

かといって何年も本なんて読んでこなかった人にいきなり活字満載のものを読めってなかなかきびしいかもしれませんね。

そんなあなたには「聴く読書」っていう最終兵器があります。

だれかが本を読んでくれたらできそうじゃないですか?

これはAmazonオーディブルというサービスでプロの声優さんやナレーターの方が読んでくれるのでものすごく聞きやすい。

こちらも最初の1か月は無料なんですが、タダで本がもらえる上に解約したあともそのデータは残ったままなので何回でも読み(聴き)返せます。

わたしも利用しているんですが、これのなにがいいってながら聴きできるところです。

詳しくはこちらの記事で書いていますが、通勤通学の電車のなか、料理や家事をしているときでも手がふさがらない。

活字や動画を見ているわけでもないので視覚も自由です。

このサービスこそ読書初心者にはうってつけかもしれませんね。

まとめ

普通の読書から電子書籍に聴く読書。

今の時代は一言で「読書」といってもいろんな手段があります。

これだけの選択肢があるのに「読書は苦手だから…」という言い訳はもはや通用しませんね。

もちろん、読書をすれば必ず人生が豊かになるかどうか、成功者になれるかどうかはわかりません。

ただ、人生が豊かになったり成功した人たちは間違いなく読書をしています

これは真理です。

これからの日本は、豊かな人はどんどん豊かに、貧しい人はどんどん貧しくなり格差がえげつないことになっていくのは必至です。

わたしと同じ38歳のアナタも、もっと若い人も、もっと上の人生の先輩方も、気づいた今日が一番若い日です

貧しくなりたくないならいまさら恥ずかしいとかクソみたいなプライドは捨てて、今すぐ行動しようじゃないの!!

一緒に豊かになりましょう!!

Amazonオーディブルを見に行く

 

ときりの

38歳会社員 / 兵庫県出身~在住 / 嫁と子供2人の4人家族 / 平凡な人生&定年まで会社勤めすることがどうしても嫌になり一念発起 / ブログやSNSで色々発信するようになる / 1nanoでも早く脱サラしたくてたまらない / サガ2(ゲームボーイ)の魔法「フレア」の音が好きすぎて通知音にしたい

-暮らしを豊かに